読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめもめも

好きなことを書きたいブログ

20代の私が小学生のころに夢中になった本

こんにちは、まめもです。

 私は読書が好きで主に小説をよく読んでいます。

思えば本を好きになったのは小学生のころでした。学校の図書室で本を借りては家に持ち帰って読み漁り、おもしろかった本を友達に勧めるのが楽しかった当時。

自分が教えてあげた本に友達をはまらせては感想を言い合ってはしゃいだものです。(オタクになる前からオタク気質だったんだなあ)

そんなことを思い出しつつ、小学生時代の私が特にはまった本を紹介したいと思います。

 

  • バッテリー

バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

 

 

 野球少年たちの青春を描いた児童小説。

映画、漫画、連続ドラマ、ラジオドラマなど多数メディア化もされている有名作です。最近はアニメも放送してましたね。

私がこの作品を始めて読んだのは小学5年生の時でした。もうどっぷりはまりました。私をオタクにしたのはこの小説です。

あさのあつこ先生、私にオタク人生をくれてありがとうございます。

 

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)

 

 主人公の少年ダレンがバンパイアになっちゃうことから始まるファンタジー小説

けっこうエグい描写とかも多かった記憶があります。それでもワクワクして先が気になって仕方なかった。

私は4人きょうだいで、一番下のきょうだいが今小学生なのですが今絶賛ハマってるようです。私が勧めたわけではないけどきょうだい全員読んでる。

ダレンシャンは今も昔も小学生の心をつかみ続けている作品なのだなあ。

 

デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森

デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森

 

 表紙がめっちゃキラキラしててかっこいい。

内容ももちろんおもしろかったですが、特筆すべきはこの表紙です。学校の図書室では表紙の目立ちっぷりでこの本の横に出るものはなかった。

一時期クラスで流行ってました。小学生にウケるには見た目も重要。 

 

 ・怪談レストラン

1幽霊屋敷レストラン (怪談レストラン)

1幽霊屋敷レストラン (怪談レストラン)

 

 

小学生はなぜかおばけモノが好きですよね。

怖い話シリーズはよく読みました。

この本ではありませんが、授業中に突然先生とクラスメイトが一心不乱に消しゴムを食べだすという話がとても怖かった。挿絵がついていたのでよく覚えています。どなたかタイトルを知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

 

おわりに

小学生の頃の読書体験ってけっこう心に残っているものですね。ここで紹介した他にもおもしろい本をたくさん読みました。今後もいろいろな本について記事を書いていきたいです。