読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめもめも

好きなことを書きたいブログ

最近の若い女性は加齢に対する危機意識が強い|タラレバ娘になりたくない

こんにちは、まめもです。

 

 あくまで私の観測範囲内の話ですが、タイトルの通り

最近の若い女性は加齢に対する危機意識が強い

と感じています。

 

同年代の女子と集まると、大抵

「もう年とりたくない」

「20代で結婚したいなら学生時代に結婚相手見つけとかないと厳しい」

「お嫁さんになりたい」

みたいな話になります。

 

巷では「東京タラレバ娘」という未婚アラサー女子の不安を煽る物語が流行っていたりして、絶対こうはなりたくないと思う10代20代の女性も増えているはず。

(漫画を6巻まで読んでるけど悲惨すぎて震える。でもおもしろいです)

 

かくいう私もその一人で、

一応まだ20代前半ですが

早く結婚しないとやばい

 という思いが常に胸の中にあります。

 

これは一種の呪いのようなもので、このような考えは自分の生き方を自分で縛ることにも繋がる危険なものだと思っています。

だから本当は年齢なんて気にしたくない。

そうは言っても、心の中からこんこんと湧き出る思いを自分でコントロールすることなどできるはずもなく、日々年をとっていくことに焦りが募るばかり。

そしてなぜか婚活や結婚に関する記事を夜な夜な読み漁ってしまう。やめたい。

 

そこで、なぜ今若い女性の間でこういった危機感が蔓延しているのか、自分なりに考えてみました。

 

30代はBBAというネットのノリ

今の10代、20代は小さいころからネットに触れて育ってきた世代です。

そして多くの人はネットを使う中でまとめサイトに出会います。

 

皆さんご存知の通り、まとめサイトには

「30代はBBA」

「年をとった女に価値はない」

「高齢独身女は哀れ」

といったばかばかしい発言があふれかえっています。

(すべてのまとめサイトがそうではないけど、そういったノリを許容する風潮はある)

 

そして最近ではそのノリをSNSにまで持ち出す人間もいる。

 

一昔前は2ちゃんねるまとめサイトなどを見ていることを周囲に公言するのは痛いと言われていたけど、最近の学生は普通にまとめサイトの話をしたりしてます。

(コミュニティにもよるんだろうけど、身近にそういう人は必ずいるのでまとめサイトの話が出ても驚いたり引いたりみたいなことはまずない)

 

そういった環境の中で育っていれば、ネットリテラシーの低い子などは間違った情報を信じてしまったりする可能性がある。

リテラシーの高い子でも、そういった言説を日常的に見聞きしていれば、知らず知らずのうちに価値観が心の中に刷り込まれていってしまう

(また一方でそういう発言をする男性への嫌悪感も強いので、若者の自分に近寄ってくる年上の男性は若い子好きなんじゃないか?という猜疑心が生まれ年上の男性を必要以上に警戒してしまう)

 

高齢出産のリスクや不妊治療の問題などが可視化された

今の日本の平均初婚年齢は男性31.1 歳、女性29.4 歳だそうです。(厚生労働省/人口動態統計月報年計より)

晩婚化に伴って女性の出産年齢も上がってきており、高齢出産のリスクや不妊治療の問題などがニュースでも取り沙汰されています。

こういった正しい情報が世間一般に広まるのはもちろんいいことだと思います。

ですが、将来子どもがほしいと思っている女性に対するプレッシャーが以前より重くなってしまった

子どもを作れるかどうかは、経済的なこと、体のこと(男女ともに)等ありますが、出産ができるのは女性だけなので、正直焦る。

(そして子供のことを考えるとリスクをとりたくないので年上男性を避ける傾向がある)

 

こうしたことが背景の一つにあるんじゃないかなと思います。

 

おわりに

過度に将来を心配することはよくないとわかっていても、加齢に対する恐怖はじわじわと心を蝕んでいく。

どうしたらいいのかよくわかりません。

なんか書いてるうちに落ち込んできてしまった……

女性がはやく結婚・出産をすることはマクロな視点から見ればいいことなのかもしれないけど、心の自由という観点ではどうなんだろうと思う。

今私には結婚したい人がいるので、その人とお互い「自分が心から望んでこれを選んだ」と胸を張って言えるタイミングで結婚したいな~